実習の内容

機械工学を専門とする工学士を取得できるデュアルシステムは3年間のプログラムです。 約3か月ごとに理論の学習と実務を交互に行います。  実務フェーズでは、当社のチュービンゲンの現場に勤務し、理論段階では ホルプにあるバーデン・ビュルテムベルク州立デュアル大学で勉強します。

実習、そして大学での勉強の基礎として、最初の実務フェーズでは金属加工の基本的な 技術的知識を学びます。 さらにその後の実務フェーズでは、技術部門、主に機械開発部門で従事し、 機械や部品を開発・設計を行います。 同様に、独自のプロジェクトやプロジェクトチームへの参加といった機会が与えられます。 さらに、チェコ共和国にある当社生産工場に数週間滞在し、ここでの業務を体験します。

必要条件

私たちが期待する資格など:

  • アビトゥア(大学入学資格)で高い成績を収めていること、または専門大学卒業時に高い成績を収めていること(DHBWでの適性検査に合格していることが前提条件となります)

さらに、

  • チームで働くのが好きですか
  • 技術および自然科学に強い関心と理解力を持っていること
  • 数学と物理学が得意であること
  • 仕事に強い意欲があること
     

応募

応募の仕方

デュアルシステムプログラムは、毎年10月に始まります。 訓練開始の約12か月前までに応募書類を送付してください。


研修生定員の空きはありますか?

当社の採用情報を調べてご確認ください。

スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language