3Dスキャン

手順

3Dスキャンプロセスでは、ツールやワークピースをHELICHECK 3DまたはHELICHECK PROシリーズやHELICHECK PLUSシリーズの測定機で「3Dセンサー」オプションを使って非常に素早く簡単にスキャンし、その形状を完全に把握することが可能です。

外観形状を取り込み、 それに応じて3Dスキャンの設定を自動でします。

このウィザードを利用することで、数クリックで自動で工具をスキャンすることが可能です。 最大外径、刃数、スキャン長さを入力することで、スキャンする時間を短縮することが可能です。

アプリケーション

オペレーターは、測定結果、点郡をどのように使うかを決めます。 ワルター社では、3Dマッチャー並びに3Dツールアナライザーと、2つのソフトウェアを提供しています。

ワルター社 は、スキャンした点群を分析するために、開発しました。 ここで、工具の測定項目、チップ、角度、芯厚、などを測定できます。  工具の断面でそれらの項目を測定します。

3Dマッチャーは、工具全体の品質管理に利用できます。 一目で、マスターデーターとの乖離がわかります。 3Dアナライザーによる測定からマスターデータとの比較まで、新しい3次元測定技術で、あらゆる可能性がみえてきます。

ダウンロード

pdf, 4 MB
パンフレット
HELICHECK 3D
Download
pdf, 4 MB
カタログ
HELICHECK 3D ヘリチェック3D
Download
ja